学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201601 東京都立三鷹中等教育学校 授業公開

簡単なまとめ。期待していた以上に魅力的な学校だなと思った。生徒のみなさんがしっかりと挨拶してくれたのと、授業の様子を見ることができたのが特に良かった。都立で(共学で)進学先としてオススメの学校を新たに発見した気分だった。また訪問したいと思った。

学校までの道のりJR中央線吉祥寺駅または三鷹駅からバス。京王線からもバスがある。いずれにしてもバスに乗らないと移動出来ない距離のようなので、今回は学校訪問では珍しくバスに乗った。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (1)

バスから降りて横断歩道へ向かった。ちなみに写っているのが乗ってきたバスだ。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (2)

現着。曇っていたのが残念。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (3)

edutokyo_toritsumitaka_201601 (4)

中央付近の建物が駐輪場だ。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (5)

edutokyo_toritsumitaka_201601 (6)

左の垂れ幕は、この時期にしか見られなかったと思う。新しい学校の歴史の幕開けだ。

特色のある教育。英語だと思う。校内の掲示板に、週刊ダイアモンドの英語教育についての記事のコピーが貼ってあった。その記事の内容通りだと思った。今日は英語の授業が多く、見学はほぼ全てが廊下から覗く程度だったのが、一通り見学することが出来た。その内の1箇所では、少し入室して見学が出来た。先生が電子黒板を使い、生徒のみなさんが教室内を歩きまわり、楽しそうに授業を行っていた。内容としては、見学した授業が初級の内容だったのかもしれないので、高度なものではなかった。小学校で英語学習を開始しているとしたら、多分このレベルかなと思うような内容だった。レベルが高い英語の授業もあったのだろうから、見学すれば良かった。

授業見学。化学室の授業と視聴覚室の授業を、それぞれのドアの小窓から覗いていたら、それぞれ授業を担当している先生がドアを開けてくださり、どうぞと入室を誘ってくださった。

化学室は女性の先生、視聴覚室は男性の先生だった。化学室では少し入室させていただき、授業の様子を見たり、室内設備を確認した。生徒のみなさんが楽しそうに、試験管に何かを入れて混ぜていた。女性の先生の他に、化学室には男性の先生もいらして、実験の補助をしていらした。実験で2人の教員体制は良いなと思った。生徒のみなさんや先生方の笑顔が印象的だった。とても楽しそうだった。ドラフトチャンバーは1台あった。点灯していたので、使用中だったのかもしれない。

視聴覚室では、ドアの所で先生から、「すみません、私の字が汚いので」と言われた。ドアに「どうぞご自由に」とメモが貼ってあったが、私がなかなか入室しなかったからだ。声をかけていただき、先生に感謝。ちなみにメモの字は汚いことは全くなく、読めていました。教室後ろのドアから入室して、5-6分間ほど見学をさせていただいた。ETVの「高校講座」の日本史を観ていた。AKB48のメンバーが出演している講座だった。生徒のみなさんと視聴しながら、随所で先生がコメントを言うという授業スタイルだった。コメントの口調が結構カジュアルな感じだった。生徒のみなさんも(制服は着ているが)カジュアルな雰囲気で視聴していた。教室はとても綺麗で、後方のスペースには余裕があり、広い感じがした。教室内に手すり付きの小階段があった。

生徒のみなさん。すれ違う度に挨拶をしてくれた。男子も女子もだ。授業を見学していても、ほとんど気にされずにいた。集中して授業に取り組んだいるようだった。

帰る前に、学校の向かいのセブンイレブンで買い物をしたが、ちょうど昼休みの買い物をしている当校の男女の生徒のみなさんを見かけた。男女共に店内でも店外でも真面目そうな雰囲気だった。その後帰りのバスに乗ろうとバス停に並んでいたら、その生徒のみなさんが校舎へ戻っていく様子が見られた。男子の生徒のみなさんはカップ焼きそばを手に校内へ。女子の生徒のみなさんも校内へ戻って行ったが、芝生でピョンとウサギのように飛んでから戻って行った生徒さんが見ていて笑えた。明るく元気な感じが伝わってきた。同じバス停には下校する生徒のみなさんもいたが、口調から真面目な様子が伝わってきた。生徒さん同士の会話を聞いていると、声量やトーンが普通またはやや低い感じがしたので、結構真面目なんだなと思った。それは男女共にだ。

校舎。とにかく綺麗。共学だが経年劣化がほとんど見られず。唯一、北棟の3階の高校教室の隣にある男子トイレを利用したが、ここは(スミマセン)汚かった。男子高校生のみなさんお願いがある。排便したり排尿したらきちんと流そう。水洗なのだから流すだけ。

4階には画鋲が刺されたトイレットペーパーが置いてあった。ちょっと怖かった。勉強でストレスが溜まっているのかなと思った。

教室だが、外窓が広く明るい感じだった。この日は曇っていたが、それでも明るさには大きな問題はなかった。廊下側の窓は、壁の上部とドアにそれぞれあるが、広くはない。ロッカーが備え付けられていて、鍵付き。廊下に木製のベンチがあり、図書室前は座れるように空いていた。(他の場所はジャージなど荷物などが置いてあった。)

外から見ても近代的で綺麗な校舎。テニスコートやバスケットボールコートが何面もある。閉まっていたので中の様子を見学することが出来なかったが、弓道場もあった。体育施設も充実しているということだ。実際にサッカーも強いようで、確かに校名を高校サッカーで見たことがあるかなと思い出していた。プールは屋外にあるが、校舎の3-4階にある。屋外なので通年使用ではないようだ。ちなみに3-4階から見える建物は、杏林大学病院くらいで、距離があるので、病院のすぐ隣に校舎があるというわけではない。

正門入ってすぐ右に2階建ての駐輪場がある。結構立派な施設。

校舎で唯一の欠点は、どこまで動線を考慮したのかと思われる、通路や階段の配置場所だと思う。階段が多い。そして、とにかく迷う。他の都立に行った時も同じような感じだったので、これは都立ではどこも同じなのだろうか。

教職員のみなさん。授業中にも関わらず対応してくださった先生方に感謝。教室以外で先生方とはたまにすれ違う程度だった。その度に挨拶をしてくださり、とても感じが良かった。男性の先生が多そうだった。年代は30-40代、恐らく30代が多いかなと思った。ネイティブの先生は見かけなかった。

守衛さんはいなかった。受付のような事務室には、私が到着した時はスタッフが見えたが、帰りはその受付(窓口)が閉まっていた。ID着用もなし。受付票に子供の氏名と学校名、学年、それに見学者との親子関係(私は「父」にマルをつけた)を記入するシステムだ。自由見学だった。

見学者。幼稚園児や小学校の低学年と思われる小さい兄弟姉妹達も見学していたので、今後は下の娘も連れて行っても問題はないだろう。親子共に、服装はカジュアルな感じ。マイペースで見学しているようだった。ちなみに同校の保護者のみなさんも当日は来校していた。生徒のみなさんの「ファーストステージ」の発表があるということだった。何人かの保護者さんとすれ違った時に挨拶をしたら、どの方も感じが良かった。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (7)

見学を終えて、玄関に戻ってきた。奥にサッカーボールなどが展示してあった。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (8)

これが当日、保護者のみなさんが訪れていた行事のようだ。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (9)

edutokyo_toritsumitaka_201601 (10)

天気が悪かったのが本当に残念。

edutokyo_toritsumitaka_201601 (11)

edutokyo_toritsumitaka_201601 (12)

edutokyo_toritsumitaka_201601 (13)

訪問を終えて。また行きたいと思った。文化祭も行ってみたい。都立三鷹を訪問すれば、都立学校に対するイメージが元々良い人であれば更に良くなるだろうし、良くない人ならば好転するだろう。ぜひ一度は見学をオススメしたい。

 

#120