学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201705 サレジオ小学校 学校説明会

午前中は都心のとある学校の説明会に行っていたので、そこからJR中央線の中央特快などを乗り継いで国分寺駅まで移動しました。

土曜日の昼頃でしたが、そこそこ混んでいましたね。

駅の北口からバスで、学校の最寄りのバス停まで移動しました。バスを待つ列にお受験風のスーツ姿の家族がいました。この日この時間、このような格好だと行き先は同じと言っていいでしょう。(そしてその通りでした。)

緑が多くある地域にある学校。

説明会は食堂でありました。上履きは一切不要。外履きのまま食堂にも入られました。

スーツ姿でもノージャケットの父親や、小綺麗(ビジネスカジュアル=クールビズ)な格好の父親もいました。いずれにしても小学校お受験はやはり夫婦揃ってが多いですね。付き添っている園児のみなさんも、ポロシャツと紺色のハーフパンツ(男子の場合)などいわゆるお受験風な格好がいました。でも、ほとんどの参加者が普段着(カジュアルだけれど「ラフ」ではない)でした。

学校の印象は総じて良かったです。

緑多いキャンパス。

特色は聖ドン・ボスコの教育方針。あとは自然のびのび。

見学が途中から自然解散になったので、放送が入り、6年教室前に集合してから体育館、音楽室と講堂へ他の参加者のみなさんと一緒に見学。そしてまた解散。

その後は自由遊び時間や個別質問タイム。

普段着で参加出来そうな雰囲気の学校。和光や明星学園のような雰囲気を感じましたが、政治的な話は一切なく、この点が大変な好印象でした。

自由ですが、それは規律がある(ような)自由である気がしました。自由学園で感じたことと同じでしょうか。自由=何をしてもいい、と言うことではないわけですね。

校舎の存在感があるようでいて、自然と調和しているので違和感が全くない=森の学校と呼べるのだと思います。

小学校の校舎と庭のような校庭(校庭=土・人工芝・自然の芝生の構図が崩れます・・・どこかのお宅の庭のイメージです。)。日本にある学校なのだけれども日本とは思えない場所。

個人的にはコンクリートでなくて木造であれば、もっと自然と一体化出来たのかもしれないと思いました。

この日は小学校の児童のみなさんも同じ敷地内にある中学校の生徒のみなさんも週末で不在でした。学んだり、遊んだり(特にここ)している様子が見られれば、自由自然な感じがもっと伝わってきたのかもしれませんね。そう言えば、体育館で中学の男子生徒のみなさんが、あればバレーボール部だと思いますが練習していました。そのため体育館には入られませんでした。

音楽室と講堂には入られました。音楽室はまあごく一般的な教室でしたが、緑が多く教室棟はつながっていない所にあるので、とても静かな環境にあると思いました。

電子ピアノがあり、カバーを開けて鍵盤を少しだけ押してみました。ちなみに木琴をひたすら叩く園児さんもいたので、音楽室の見学も相当自由でした。音が結構すごかったですけれどね(笑)。

講堂は小学校の教室棟(家?)と同じように建築的に興味が湧きます。事務棟と中学棟の間にある、正面には中庭、背面には森があるような静かな場所に建つ(表現が乏しくて申し訳ないけれど)玉ねぎや肉まんのような形をした建物が講堂です。

図工室と思われる教室もありましたが、外から見ただけで見学も説明もなかったです。

図書室や放送室、児童会室も見学しました。いずれも小部屋ですが、図書室も建築的な意味で興味深いです。少し照明が暗い気がしましたが、木製のテーブルと椅子があり、ここも講堂と同じように多角形だったと思います。

学年教室も一部を見学しました。教室と言うよりは、「家」ですね。児童は上履きに履き替えるそうですが、この日は外履きのまま中へ。明るすぎず暗すぎず、採光もよく考えられています。ここも(図書館や食堂と同じで)木製の家具が使用されています。机も椅子も本棚も大きな作業テーブルも全て木製。白板はなく黒板(緑板)ですね。いわゆる電子黒板はありません。教室の中から見える校庭の景色も最高でした。

撮影についてはアナウンスが一切ありませんでした。実際に撮影している参加者は極少数だったと思いますが・・・。

先生方は話しやすく気さくな感じ。

食堂での説明が長かったですね。学校側からの全体説明は結構早く終わりましたが、その後の参加している保護者からの質問が多く、そこは改善の余地があるように思いました。

訪問を終えて。午前中と午後に同じキリスト教ですが宗派の違う、入試倍率も違う、同じ東京にあるけれども対照的な地域の学校を見学した一日でした。そして思ったことは、どちらも子供が主体と考えている教育をしているということ、キリスト教をベースにした宗教教育をきちんとしていると言うことでしょうか。どちらの学校も校舎が特徴的で、「緑」が取り込まれていること、「円形」をキャンパスに取り込んでいる点でも共通点があると思いました。暑い日でしたが、どちらも訪問して良かった学校、また行きたい学校だと思いました。

 

#392

 

© edutokyo.com 2016-2018
All Rights Reserved