学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201607 国立音楽大学附属小学校 学校説明会&プレスクール

簡単なまとめ。学校の雰囲気も先生方の対応も良く、児童のみなさんはいなかったが、どのような学校生活を送るのかをイメージすることが出来た。新たな発見もあり、充実した時間だった。

説明会。下の娘のプレスクール体験を見学する時間が短かったが、説明会はテンポが良く、動画を交えてなので聞きやすかった。

校舎見学。最後まで急かされず、プレスクールで下の娘が行ったと話していた音楽室で楽器を触れられて良かった。

理科室が充実していた。藻が沢山生息しているメダカの水槽もあり、天井には巨大な昔の飛行機の模型。内部が見えているため、音が出る仕組みが分かるピアノもあり、実際に弾けた。上の娘が、猫踏んじゃったを弾いていた。娘達に女性の先生が優しく対応してくださり、青いスライムを触らせてくれた。私も触った。

屋上庭園には、夏休み中栽培している植物が集められていて、男性の先生が解説してくださった。オクラが巨大化していたが、それはもう食べ頃を過ぎていて、これくらいがいいよと食べ頃サイズを教えてくれた。

私は男子トイレを借りた。綺麗。清潔感ある。

プレイルームと音楽室にも入室。楽器庫のような部屋もあった。適度な広さで快適な教室。プレイルームは裸足になるようで、フローリングが綺麗にメンテナンスされていた。

ここは理科と音楽に力を入れているのかなと思った。

そうこうしているうちに見学の時間が終了。多分だが、我々が校舎から最後に出た。 駐輪場から母子が出て来ていたので、全体ではその2人が最後だったようだ。

下の娘を含めて、参加する園児は、番号付きシールをつけていた。ちなみにシールは体験終了時に回収された。

冷えたお茶を4人分いただいた。

訪問を終えて。楽しい時間を過ごすことが出来た。理科教育が充実していることを初めて知った。

 
#218