学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201606 日出学園小学校 学校説明会

簡単なまとめ。初めて訪問したが、前日に近くの私立小学校を訪問したばかりだったので、どうしてもその学校と比べてしまった。

 

edutokyo.hatenablog.jp

 以下の内容の通り、また訪問することはないだろう。

参加者。行きの電車では、前日のようなお受験の格好をした親子を見かけることはなかったが、学校に到着するとそのような格好の親子がいた。

帰りに、同学園の幼稚園近くで見かけたお受験親子はIDを着用したままだったが、幼稚園の在園児なのだろうか。分からなかった。駅では、複数のお受験の格好をした親子が、千葉方面の電車に乗って帰っていた。

守衛さん。帰り、正門の守衛さんにお気をつけてと挨拶してくれたのが嬉しかった。今回の訪問で好印象はここだけかもしれない。

特色。「お受験」をするような学校、しかも学力は重視してそうなので、多分「学力」や「進学」が特色なのだろう。よく分からなかったので、はっきりとそれらが特色とは言えない。

校舎。全面的に推していた。コンクリートでも温かみがない。校舎だけが原因ではないと思うがどうだろう。

児童や教員のみなさん。児童は挨拶をしない。先生方は挨拶をしてくださった、何だか事務的というか温かみがなかった。

お受験。正門前で資料配布をしている業者が少なかったがいた。私には手渡されなかったが、一応スーツで訪問していた。学校では受験問題集などの販売テーブルがあった。そしてお受験スーツの親の集団が群がっていた。「金儲け」という学校訪問とは無縁のような言葉が浮かんでくるような光景だった。学校説明会でこのような光景を目にするのは初めてだった。

訪問を終えて。学校の魅力がよく分からなかった。殺伐というよりは、温かみがないように感じた。

 

#205