学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201606 文教大学付属小学校 授業公開と学校説明会

簡単なまとめ。初めての訪問。仏教の学校なので、どうかなと思ったが、当校はまた訪問したくなるような施設や児童、先生方の雰囲気や対応だった。

特色のある教育日蓮宗の学校だそうだが、宗教色は強くない。 学習については、中学受験重視のようだ。 児童のみなさんは挨拶をしっかりとしてくれた。 自然教室や遠足など、課外学習も充実している。

校舎オープンクラスルーム。中央に図書エリア。電子黒板を積極的に使ってる。校舎が素晴らしい。この日にこのような素敵な校舎を見られるとは思わなかったので、嬉しかった。しかも(ただの「飾り」としてでなく)使いこなしている様子が見られたのも良かった。

児童のみなさんや先生方。児童のみなさんは挨拶をしてくれたし、先生方も挨拶をして下さった。感じが良い。児童のみなさんは進んで挨拶してくれたので、嫌味な感じや言わされてる感が全くなかった。それがすごく心地良かった。先生方も気さくな感じが伝わってきた。入室をすすめて下さったり、話しやすい感じだった。

逆に、来校者の親の層があれっと言う感じだった。基本はお受験ルック、父も母も子もお受験スーツ、白髪が多い父親が多かった。つまり年配の父親だったのだろうか。髪型はバッチリきめている。校舎が優しい感じなので、来校者がもう少し柔らかい感じだったら、更に良かったと思う。来校者が堅い感じだったので、ちょっと宗教のような一面も感じた。信者の集まりというか…。

説明会のイスは埋まっていた。関心の高さが伺えた。

説明会が終わり、個別相談をしない来校者がずらずらと外へ。立っていた男性先生は挨拶せず。でも、その次の校長先生が、1人ずつ静止礼をして下さった。私も静止礼。前を歩いていた父親も静止礼をしていた。 校庭で1年生だろうか、音楽に合わせて体育の授業をしていた。来校者のみなさんが可愛らしいねと言うような表情で見学していた。この日、私が唯一見かけた、見学者のみなさんの優しい表情だった。見学者のみなさん(私含む)が、「こちらからお帰りください」というお知らせの看板を目にしたが、皆でぞろぞろと正門へ歩いて行った。が、閉まっていたので皆で即Uターン。みんなありゃという感じだった(笑)。女性の先生が慌てて登場して出口に誘導して下さった。その出口がアルミ製のドアだったので、まさかここから出られるとは私含めて皆さんも思っていなかったのだろう。 お受験集団は皆、流れにのって坂道を下りて駅へ向かい、訪問は終わった。

訪問を終えて。来校者の雰囲気は堅かったが、学校自体は思っていたよりも優しい雰囲気がした。また訪問したいと思った。

 

#182