学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201610 田園調布学園中等部高等部 説明会&オープンスクール

簡単なまとめ。行ってよかった。なでしこ祭の印象のままでなくてよかった。

授業の見学がしたくて訪問したら、予想以上にじっくりと見学が出来た。

説明会のみに受験生の保護者が来校していたようだった。何故だろう。入試情報だけ欲しかったのだろうか。やや年配の(若くない)保護者が多かったので、高学年の保護者だったと思う。

特色はスマートボードを使用した授業や理科系の授業だろう。授業だが、不思議と落ち着いていて、生徒のみなさんの会話があるクラスも落ち着いた感じだった。

校舎がもう素晴らしい。都会でどうやって緑化をやるのかの良い事例だ。そこがまた落ち着くんだな。飾りの緑化ではなく、学べる緑化だ。

教員はあちらこちらには立っていなかった。それが逆に意外だった。もう少しコントロール型の学校だと思っていたからだ。

生徒のみなさんに、休み時間に遭遇したら、どの生徒さんも挨拶してくれた。校長先生が説明会で、入学時は静かな生徒さんが多いというような話をされていたが、実際に見ていると、落ち着いている時はその通りだが、明るく元気な生徒さんが多いという印象を受けた。この日見学した生徒さんの様子と、オルセー展で娘達に優しく接してくれた生徒さんの様子が似ていた。つまり、なでしこ祭での殺伐とした感じは本来の姿ではないのが分かった。きっと優しい心をもつ生徒さんが多いのだろう。

教員のみなさんも挨拶してくださった。

警備員はそもそも常駐しているのか不明だが、当日見かけることはなかった。

訪問を終えて。また行きたいと思った。校舎のどこ、どの授業が見たいのかを、予め決めてから行くと、より効率良く見学が出来るのかもしれない。校舎を生かした授業や学校生活が参考になりそうな学校だ。

 

#276