学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201509 自由学園女子部中等科高等科 野の花祭

簡単なまとめ。何度目の訪問か不明。家族で訪問。野の花祭は初めて。自由に歩き回れて、家族でゆっくり出来るキャンパス。それは何度訪問しても変わらないようだ。

女子部。スタンプラリーを娘達が参加した。最初にスタンプを押した所に生徒さんが座っていたので挨拶。

当日見かけた男子生徒は白いシャツで短髪。女子生徒はほぼ全員が制服風スカートだった。もしかすると全員がチェック柄(?)だったかもしれない。お嬢様のようなオーラを放つような生徒さんもいれば、気さくな感じの生徒さんもいるような感じだった。学校の感じもそうだが、ここだと緩やかな時間が過ごせそうだなと思った。「労働」は大変そうだが・・・

制服の展示をしている教室があった。当番をしていた女子生徒(確か高校生)と話した。初めて知ったが、6年間で3回ほど、2-3週間女子寮に泊まっての「労働」があるらしい。洗濯する係もその中にはあり、洗剤にどれを使うか選ぶこともするそうだ。生徒さんの説明は分かりやすく、話しやすかった。

この日は主に3名の生徒さんと話す機会があった。この生徒さんも、染め物の所の生徒さんも、わかめ味噌汁の生徒さんも、自然な会話が出来た。

わかめ味噌汁の女子生徒さん(中3とか高1?)。教室に入り、三陸についての学習発表展示物を見始めた時には、鍋らしきもので何かを温めていて、ココアかお茶だと思った。更に展示物を見ていたら、小さいコップを2つ手に、「味噌汁よかったらどうぞ」と渡してくれた。「子供さんも飲みますか」と聞いてきてくれたのでお願いすると、すぐに娘達の分も持ってきてくれた。「わかめどうするんだ、手で取るかな」と内心思っていたら、想いが通じたのか、「つまようじもよかったら使って下さい」と持ってきてくれた。なんというホスピタリティ。素晴らしい。味噌汁、美味だった。「ごちそうさま」とお礼を言ったが、他の見学者と話していたので伝わったかどうかは不明。ありがとう。

那須の牧場のアイスクリーム、すごく牛乳感があった。

最高学部の食堂にパンを購入しに行った。そこには自然体験をしているグループが居た。そして購入したパンだが相変わらず旨い。

キャンパスが広く、来園者が多かったかどうか分からなかった。絵を描く老人が多数いた。

写真撮影が基本的に認められていた。建築関係や自然の植物関係に興味がある来園者が多いのだろう。四季を感じられる学園。

女子部お手製の弁当が食べられなくてとても残念。次回食べたい。

娘達が巨大迷路企画で迷っていたら、小走りで担当の女子生徒さん(高校生)が滑りこむようにやってきて素早く対応してくれた。それにしてもこの巨大な迷路、アイディアだなと思った。

当日は南沢フェスティバルも同時開催していたので、学園から出る前に立ち寄ったが、すぐ閉門時間になってしまった。組み立てると円形のテントのようなものに娘達が入ってみたが、閉門に慌てたのか、下の娘の髪の毛が金具に引っかかってしまった。無事「解放」出来たが、そこで閉門の時間となった。

訪問を終えて。自然あふれる広大なキャンパス。のんびりとマイペースでまわれるイベント。まさに、我が家のような家族のためにあるようなイベントだった。教育内容も校舎も興味深い。また訪問する。

 

#39