学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201704 成蹊学園 成蹊桜祭

簡単なまとめ。2回目の訪問。今回も家族で行きました。

行って良かったが混んでいた。混んでいたが、雰囲気は悪くない。2回目の訪問で良かったと思っている。初回だと混雑イコール敬遠する要因になっていたと思う。

私だけだが、相模女子大学の桜も見てきた。でも、桜は当学園の方が咲いていて綺麗だった。まだ満開には時間がかかりそうだった。もう少し温度が上がらないとね。

娘達はスーパーボウルすくい、駄菓子屋、ピーチくん塗り絵、ピーチくんと虎、カエルのゆるキャラとの写真撮影、お花見、小学校の遊具体験(体験と言ってもただ遊んだだけ)をした。家族ではカレーうどんを図書館前の階段に座り食べた。階段に座って食事をすること自体珍しいが、前述の通り混んでいたので仕方がない。ちなみに図書館には入られなかった。

撮影遠慮・禁止等のアナウンスがなかったので、桜、食事などを撮った。いずれもスマホで撮っている来校者が多かった気がする。当学園ではAPS-Cタイプのデジカメを複数見かけた。(写真は後日アップする)

出店のグッズ販売の女性が無愛想だったが、ゆるキャラのピーチくんが可愛らしかったのでまあいいだろう。守衛さん、特に中高の正門の男性の守衛さんが笑顔で好印象。学園正門で学校案内をいただいた。来校者は多かったが、物々しくない、余裕が感じられる警備体制にも好印象を抱いた。きっと見えないところで見守っているのだろう。

小学校にはビオトープがあり、畑もある。前述の遊具は木製のアスレチックで、緑に囲まれた、思った以上に自然が多いキャンパスだと感じた。

小綺麗(裕福?)な格好をしている来校者が多かった。派手な格好は皆無。地域住民らしき家族なども見かけたが、在校生・卒業生とその家族との格好の違いが分かると思った。

訪問を終えて。今回も家族で桜だけでなくお花見(お祭り)気分を満喫しました。また訪問したいと思います。次回は小中高いずれかの説明会かな・・・。

 

#363