学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私の学校訪問を記録するブログです。意見・感想は私個人のものです。(文中敬称略)

201511 頌栄女子学院 クリスマスこども会

①いい学校だった。家族で訪問。外履きのままでOKなので、上履き&外履き用袋は一切不要。

②外から見る校舎は明るくきれいで歴史を感じて美しい。このままの状態で使用し続けて欲しい、貴重な学校建築だと思う。(見るからにレトロ感が漂っていたので、校舎の雰囲気が似ているという意味では以前訪問した京華女子の校舎に似ていた。)

②校舎見学はなかったので、正面出入口に近い廊下から見えた教室内の様子。黒板は上下可動式ではないが湾曲あり。机は古く、よく公立にあるタイプだった。ドアの窓は半透明。廊下側は赤絨毯、掲示板や黒板。外窓は大きい。エアコンあり。

③中庭では都会の中なのに自然が感じられて好印象。

④その中庭にはプールがあった。私と妻、上の娘の意見が一致したが、ここは隣の新しそうなビルから丸見えだ。(大丈夫なのか!?)妻が「屋根をつけたほうがいい」と言っていたが、全く同感。

⑤休憩室で会の後に一休み。自販機も利用。PASMOが使える飲料自販機が学校にあるのは初めて見たかも。片付けし始めていたのでちょっと急いで利用したが、利用できてこと自体がよかった。

⑥トイレは会が開かれたホールの地下にあり綺麗というか清潔。質素だが花が飾られていて良い雰囲気。

⑦生徒のみなさん、先生方、守衛さんも挨拶してくださった。でも、挨拶した時に私や下の娘を見て、「はて、誰だろう?」というような顔をしていたので、普段は来校者から話しかけられることがないのかもしれない。

トイレをお借りする時に生徒さんに声をかけたら「どうぞ!」と感じ良い返事だった。

帰り際、忙しそうに片付けをしている先生方に挨拶したら、丁寧に挨拶してくださった。

⑧来場者の層だが、普通の家庭が大多数。父親がスーツ姿もいたことはいたが少数で、全体的に普段着というか小綺麗に近いカジュアルだった。一方、児童のみなさんは小綺麗な服装が多かった。

⑨会の終わりでお菓子の詰め合わせを児童1人1つに生徒さんから手渡しされた。これには我が家の娘たちも嬉しそうだった。礼拝も生徒劇も歌もあり楽しく、キリスト教とクリスマスが学べる教養性のあるものだった。娘たちには「メーーー」と鳴くヤギ役がツボにはまったようで、その後もしばらくの間2人で真似をしていた・・・。

⑩また行きたい、楽しい土曜日のひとときでした。また来年。

 

 

#93

 

© edutokyo.com 2016-2019
All Rights Reserved