学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201608 白梅学園清修中学校 清修ミニフェスタ

ペッパーがこの日のイベント限定で来校していました。

生徒のみなさんは、くじ引きのようなお菓子をとる企画をやっていた。

総じて、安定の良さ。また訪問するだろう。

校舎、特色、先生方、生徒のみなさん、ついこの間訪問したばかりだが、変わらず良い。逆に訪問しないと申し訳ないと(勝手に)思ってしまうくらいだ。(そんなことはないと思うが・・・。)

ダンスの活動については、全教室に電子黒板があるので、YouTubeの動画を観ながら練習出来るのが最大のメリットと生徒のみなさんが強調していた。

いつもお会いする先生方と挨拶。

男性先生2名とは軽音部が活動している音楽室でお会いした。部員4名の名前が掲示物か何かに書いてあったので、もしかするとこの日いた4名の部員さんもこの4名なのかもしれない。

体験した内容を列記する。ペッパーとゲーム、電球の中をデコ、飲み物いただいた、軽音部で演奏体験、制服試着、お菓子とくじ引き、ラムネもいただいた、ヨーヨー釣り、ダンス体験、またペッパーとゲーム、謎の猫キャラのキャッティー登場。途中でスタンプラリー。3時間がすぐ経った。

1階のダンス体験をした特別教室から見た、「職員室」が開放的で明るく見えた。雰囲気が抜群に良い。あの光景を見て息苦しくなる来校者はいないだろう。

3階から見た吹き抜け(アトリウム)も絶景。どの角度で写真を撮ったら綺麗に、そして学校の雰囲気を上手く伝えることが出来るのか、姉妹の制服試着写真を撮るときに考え込んでしまった。

訪問を終えて。時間がゆっくり流れるような空間と雰囲気。これが最大の売りなのかもしれない。ここで新しい時代の感性を磨き、巣立っていくのもいいかもしれないと思った。それをどう世間に伝えるのかが難しそうだ。勉強ばかりではないから。雰囲気だから、やはり来校してみるのが、来校してもらうのが最初の一歩だろう。また行きたくなる学校だ。

 

 

#228

 

© edutokyo.com 2016-2018
All Rights Reserved