学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私の学校訪問を記録するブログです。意見・感想は私個人のものです。(文中敬称略)

201811 香蘭女学校中等科高等科 バザー: 皿うどんが美味しいバザーに行ってみた

何度か訪問しているが、今回は初めて上の娘を連れて行った。

旗の台駅に到着。

f:id:edutokyo:20181230143221j:plain

リニューアル工事でもするのでしょうか。

f:id:edutokyo:20181230143222j:plain

商店街を通り抜け、学校に到着。

まずは各教室をまわり、ぬいぐるみやカバン、クッションなどなどを見て買って楽しんだ。留守番している我が家の女子グループの残り2人へのお土産。

釣り堀のような教室では小学生(とそれ以下)が大勢いた。景品が入った袋が釣れるのだが、男子用と女子用、どちらでも用の3つに「釣り堀」自体が分かれている。この配慮が素晴らしい。他校では見たことがないかも。

教室内には13:30に教室を明け渡すとの張り紙があった。多分その時間の後に、屋上庭園で走り回ったり(鬼ごっこ?)紙風船で遊んでいる生徒たちを見たのだと思う。

私が以前ここのバザーに来た時に、同じ屋上庭園で鬼ごっこをしている生徒たちを見たと娘に話していた。もしかすると今日も見られるかもよ、と。そしたら本当にまた生徒たちが鬼ごっこらしきことで楽しんでいた。開放的でとても自然な雰囲気が見られて娘は嬉しそうだった。

そんな娘も早速、釣り堀で「釣った」景品のおもちゃで遊んでいた・・・。

さて、校内ではガールススカウトやOGが販売を担当している教室にも入った。イヤリングを手にとる娘にOGの方が、「偉いね、自分のお金から」と声をかけてくださった。実はこれ、母親ではなく本人が興味あるから買いたいようです、とは(恥ずかしくて)とても言えなかった・・・。

1Fの中学1年のクリスマスカード売り場では、カードの残りが10-15枚程度だった。なんとか無事買えた。

そのカード売り場の向かいでは、中古の文庫本が激安価格の1冊50円で販売していた。娘はそこで3冊買った。その横の部屋でも古本が販売されていたので、留守番している下の娘にも1冊児童書を買った。

ガールスカウトの生徒たちが募金活動をしていた。ガールスカウト発祥の地だよと教えていたので娘も興味津々のようだった。そんな娘は小銭だがポケットマネーから寄付をしていた。

 

上の娘はもっと買い物がしたかったそうだが、昼食の時間にすることにした。

f:id:edutokyo:20181230143223j:plain

親子で同じ「かたうどん」を買った。1個500円。学校イベントで販売している「かたうどん」にしてはちょっと高いかなと思ったが、ボリューム満点で美味だったので納得の価格。

f:id:edutokyo:20181230143224j:plain

しかもまだ温かく、生徒の手作りで、販売も会計も生徒が担当しているわけだから、お得だったと思う。学校や生徒の雰囲気を知る上でも買ってよかった。

学校イベントでの食事を重要視している娘にも大好評の「かたうどん」だった。(「」をつけているのは、私も家族も普段は「皿うどん」と呼んでいるから。)

 

 

ビカステス記念館にも立ち寄った。ここでは、これまでの学校の歴史のスライドショーが上映され、関連する展示もあった。生徒や先生方は不在だったので質問等は出来ず。

f:id:edutokyo:20181230143225j:plain

教室や昼食販売で接した先生方や生徒さんはみな対応が抜群に良かった。先生方と生徒さんの距離感が近いと感じた。OGの方々も親切に対応してくださった。

f:id:edutokyo:20181230143226j:plain

帰りの旗の台駅ホームでは、生徒達が普通の声で「ドはドーナツのド♪」と歌っていた。迷惑にならない程度の声。微笑ましい光景を娘と見ていた。

大満足の訪問。また行きたいと親子で思った。

 

 

#656

 

© edutokyo.com 2016-2019
All Rights Reserved