学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201610 東京都立武蔵高等学校附属中学校 公開授業

簡単なまとめ。2回目の訪問(だと思う)。今回は授業の見学がメインなので1人で訪問。タブレットを使った授業が興味深かった。在校生の保護者も大勢見学していた。

特色。やはり勉強なのだろうか。伝統的な校風と言うか、真面目と言うか、別の言い方をすると古いと言うか・・・。タブレットの授業を最後に見学したので、それまではごく一般的な授業を見学しただけだったので、面白みに欠けていた感じがした。

校舎。まあ普通。迷路みたいだ。フロアリングが新しそう。以前訪問時と変わらず。

生徒さん。挨拶をしてくれる生徒さんもいたが、スルーして通り過ぎる生徒さんが多数だった。どちらかと言うと高校生の方が挨拶してくれたと思う。でも、何故か1人「こんばんは!」と挨拶してきた(笑)。

先生方。挨拶はしてくれた方もいらしたが、教室から出てきてもこちらから挨拶をしにくいオーラが出ていた。初老の男性の先生が多い印象。先生方も真面目な印象だった。やはり先生も生徒さんも真面目そうな方が多いのだろうか。

前回の印象が思ったよりも良くなかったと思い、今回改めて訪問してみたが、大して変わらず印象で終わった。学力は高そうだ。これまで行った他の都立校では楽しそうな雰囲気の授業があったが、今回の訪問は晴れた日だったにも関わらず、明るい雰囲気ではあまりなかったかな。

制服だが、女子は色々な組み合わせが出来るのだろうか。恐らく学校の指定服と思われる制服でも、中学生のは地味な感じだった。男子は制服だときちっとして見えるから良い。当然のことながら、派手な感じの生徒さんは皆無だった。

柔道場で男子中学生の授業を見学した。タブレットでお互いが前転したりするのを撮影して確認し合っていた。パソコンは、タブレット部分がノートパソコンから取り外せるタイプだ。

隣の剣道場では、男女の中学生が剣道の竹刀を持ったふりをしながら、前後左右への動きを学んでいた。見学してる一般来校者や保護者らしき父母がいたが、生徒のみなさん達は特に気にしていなかった。

中庭の大きな木のエリアの光景が、晴れていたこともあり綺麗だった。

校舎の外のトイレに帰る前に利用しようと思ったが、暗いので利用せず。入る自体が怖かった。

スリッパを返却して見学は終了した。

訪問を終えて。やはり真面目な印象。タブレットの授業が間近で見られてよかった。

 

#265