学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201601 聖ヨゼフ学園中学高等学校 個別相談会

簡単なまとめ。初めての訪問。私のみで行きました。アットホームな雰囲気の学校で、男性の先生が校内を時間をかけて案内してくださった。

自分の娘(特に上の娘)を通わせたいような学校でした。雰囲気が優しい感じがする。

英語と国語に力を入れているそうだ。英語の授業を複数見学した。国語の授業は見ていない。

校舎は真新しいということではないが、まわりやすい。

先生方の挨拶が徹底していて素晴らしい。生徒のみなさんはカトリックの学校の生徒さんらしい落ち着きがあった。受け答えがしっかりとしていて、距離感が近いと感じた。それは先生と生徒さんの間だけでなく、生徒さんと見学者である私の間でもだ。気さくな感じなのかな。また行きたくなる、アットホームな雰囲気がここにある。文化祭、行ってみたいな。

見学ルートの詳細はよく覚えていない。何故なら、校内図の配布がなく、先生があちらこちらに連れて行ってくださり、教室が閉まっていると途中で鍵を取りに行ってくださったりして、来校者の応接室として当日案内された相談室に戻り、また見学へという流れだったからだ。

基本的に、私から見たいところをリクセストして、そこに先生が案内してくださるということだった。唯一、今でも入室したかったと思うのが、理科系の実験室。ここは生物室があり、化学と物理が同じ実験室だった。これは気になる点だったので、現地で確認したかった。

(見学の詳細は後日追記する)

訪問を終えて。家庭的な雰囲気の学校でした。先生には長い時間をかけてじっくりと案内していただいた。感謝です。また行きたいと思いました。

 

#115